アテンザ オイル交換

オイルチェンジャー

今日はアテンザのオイル交換をしました。

前回の交換から6500キロほど走っております。

アテンザクリーンディーゼルのオイル交換のやり方はこちらのページにありますのでご覧ください

オイルはクリーンディーゼル専用オイルで、20リットルの缶で12000円くらいです。4回分と少し入っていることになりますので

一回3000円いらないくらいで交換できることになります。

マツダに持って行ってやってもらいますと5000円かかりますので2000円の節約になります。

上抜きオイルチェンジャーで交換

ボンネットを開けて、オイルレベルゲージを引き抜いてそこからオイルを抜き取ります。

オイル交換

今日は日差しが強烈で、午前8時ごろから始めたのですが、ジリジリと日焼けします。

早く終わらせる必要がありますので、一生懸命にポンプを引きました

アテンザクリーンディーゼルは、オイル交換時には入れた量よりも増えていることが特徴です。

これはDPF再生時に燃料が溶け込んで、オイルの量が増えるからだそうです。

いつもは5.3リットルくらい抜けるのですが

今回は4.8リットル程度でした。いつもより少ない・・・

これはひょっとすると徐々にターボチャージャーが壊れてきているのではないかと思ってしまいますね。

何故かといいますと、以前バキュームポンプのリコールの際に、同じ汚れたオイルが循環しているターボチャージャーが不調になってきたら出てくる症状をマツダの人に聞いたら

  • オイルの量が減る
  • 白煙があがる
  • 加速が悪くなる

というのがあると答えてくれました。

白煙も上がってないし、加速も昔よりは落ちてますがそこまで悪いようにも思えませんが、気を付けた方がいいかも分かりませんね。

もし、この後不調に陥ったら随時こちらのブログで報告します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です