デイトレード 感情のコントロール

チャート

今日はデイトレードにおける感情のコントロールについて書いてみたいと思います。

誤解を恐れず最初に言ってしまえば、感情のコントロールなど出来ません!

元も子もないですが、私は本当にそう思っています。

大きな損失を出した直後は、ダイビング中にパニックを起こしたような状態に近い

ダイビング中のパニックというのは恐ろしいものです。

私もダイビングは時々しますけど、水の中で呼吸できるという状態に違和感はずっと持っています。

時々、いくらボンベの空気を吸っても呼吸が楽にならないような感じになることがあります。特にちょっと動いて軽く息切れしたときがヤバいです。ここで何とか落ち着くように努力してますので未だにパニックになったことはありませんけれども、何となくパニックがどのようなものか分かります。

空気は出ているのに、息をしても苦しい!なんとか脱出しなくては死んでしまう!こう思ったらもう終わりです。

何が何でも水面へ向かいます。吸っても呼吸が楽にならないレギュレーター(空気を吸える器具)なんかもう邪魔なだけなので外します。そして水面へ!とにかく水面へ!ということでパニック発生なんだろうと思います。

死の恐怖に支配されて、理性的な考えなどできません。どんな状態でもレギュレーターさえ咥えてたら何とかなるのに、それを取ってしまうのですからね。

トレードで大きな損失を出してしまった直後の精神状態とトレーダーの取る行動

さて、株でコツコツ儲けていた時に、理不尽な急落に遭遇してしまい、本日の勝ちが全て吹き飛んで、マイナスになってしまったとしましょう。それもひどいマイナスで、この3日間、コツコツ頑張ってきた利益が全部取られた上に、まだ少しマイナスというひどい状況です。

一瞬にしてこんな状況になることがあるのがトレードの世界です。

そうすると、どういう精神状態になるかといいますと

とにかく、この状況から脱出したい!と思うわけです。

こんなひどい状況からいち早く脱出したい!

3日間もかかって作った利益を全部持っていかれてさらにマイナス。

どうやったらこの状況から脱出できるか?

答えは簡単です。

値動きの大きい株をロットを上げて勝負すれば、うまくいけば一瞬で取り返せます

うまくいかなかった時のことなんて頭に浮かんでもきません。

そうして勝負して、うまく取り返せることもないわけではないのですが、

まぁ負けます。

それも、最初の損失がかわいく見えるくらいに。

3日間の負けを取り戻そうとして今年の利益が吹き飛ぶなんてことが起こります。

理性的に考えたら、また3日間頑張るしかないわけです。

しかし、負けた直後はそんなこと考えられません!

絶対に逃れられない感情

この、ひどい状況から直ちに逃れたいという感情はすさまじい力を持っています

まさしく、死の恐怖に支配されたダイバーのように、コントロールなど絶対に出来ません

ただ、これができる人がいわゆる億を稼ぐようなトレーダーの方だと思いますし、

その人も努力してコントロールしているのではなく、最初から感情が揺らがない人なんだろうと思います。

それこそがトレーダーとして大成功するための素質であり、才能であると思います。

しかし私を含め、ほとんどの人はそんな才能は持ち合わせておりません。

ですから、こういった状況になれば、普段しないような取引を連発して全てを失ってしまうのです。

凡人がトレードで生きていくためにはどうすればよいか

まず、第一にはこの感情には絶対に勝てない。降参することが大事です。

あきらめましょう

その次に具体的な対策を練ります。

一番よいのはパソコンを閉じることです。

離れます。

私はごはんを作って食べたり、散歩に行ったりするようにしてます。

その際にパソコンは電源落としてください

すぐに取引できるようにしておくとやってしまいます。

そして、頭の中で先ほどの損失を受け入れることができるまでパソコンの前には行かないようにします。

「あーあ・・ひどい目にあった。3日分全部取られてしまった。でも結局コツコツ取り返すしかないなぁ

肝心なのは、すぐに取り返すことではない。今日中に損失を取り返すことではないんだ!」

と、落ち着いて考えられるようになったら電源を入れて取引を開始します。

日によっては頭に血が上ったままの時があります。その時はもう取引やめましょう。

いいですか、やられてしまった損失を受け入れられるまで取引してはダメです。

受け入れられない状態というのがすなわちすぐに取り返したいという強烈な欲求なわけですから。

どうしてもすぐに取引してしまってパソコンから離れられない人

私も以前はそうでした。何回ルールを作って壁に貼っておいても

すぐに取り返そうとして壁のルールなんか目にも入らず

いつもより値動きの激しい株をいつもより大きなロットで入って

大きな損切りを繰り返してました。

どうしてもこれをやってしまうので、考えた対策は

30万切ったら信用取引が出来なくなるという点を利用しました。

勝った分はこまめに出金します。

1日5000円くらい勝つとするなら口座には31万くらい入れておきます。

そうしますと、1万以上負ける取引をしてしまうともう入金しない限り負けることはありません。

すぐに入金できないように、ワンタイムパスワードの出るキーを自宅以外の場所に置くようにしました。

こうすると負けたらしばらく取引できません。

 

もし、含み損が1万超えて、今損切りしてしまったら今日はもうできない!と考えてしまって

損切りを躊躇してしまうというのであれば、対策は一つしかありません

もうトレードはやめてください。

致命的にむいてません。

違う方法でお金を増やすべきです。

 

あなたがもしこのページを見ているならば、トレードにおいて感情に支配されて大きな損失を出しているということなんでしょう。

しかし、感情に支配されてしまうのはあなただけではありません。私も同じですし、他の多くの人も同じです。

違うのは、大きな損失を追加で出すか出さないか。そこだけなんです。

対策は壁にルールを書いて張り付けるのではなく、物理的にトレードできないようにする必要があります。

もちろん、簡単なことではありません。

しかし、やらなくてはならないのです。

それ以外に凡人に出来ることはないのですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です