ふるさと納税の仕組みとやり方

ビール

錬金レベル3

画像はふるさと納税で返礼品としていただいたビールです。

これ全部で2000円の負担でいただいたものです。

ふるさと納税で得しよう!

ふるさと納税は100%得します。納税額が多い人ほど得します。
私たちは、何もしなければ自分の住んでる自治体に住民税などの税金を納めています。(自治体というのは兵庫県とか加古川市とかのことです)
これを他の自治体に変更することで、その自治体からお礼をもらえるというシステムです。
納税先を変えるだけで、払う金額は変わりません

極限まで簡単にふるさと納税のルールを説明しますと、ルールは大きく3つです。

其の1 負担額はどれだけ寄付しても2000円で、何か所、何十万寄付しようが2000円以外は返ってきます。
其の2 自分の住んでる自治体だけできない。
其の3 人によって寄付できる金額は違う

この3つです。

ここから例を挙げてみますと、例えばA市に10000円寄付してお米10キロもらい、B町に10000円寄付してアサヒスーパードライを1ケースもらって、C県に5000円寄付して鳥肉1キロもらって、D市に15000円寄付してまたしてもお米を今度は20キロもらったとします。
寄付したお金は全部で40000円ですが、38000円は返ってきます。

寄付というとなんだかそこにお金をあげてるみたいですけど、違いますから!

2000円以外は来年支払う税金を先に払っているだけなんです。
2000円は手数料といったところでしょうか。

例えば50自治体にトータル100万寄付しても負担額は2000円ですし、1自治体に5000円寄付したとしても2000円が負担額になります。ですので、寄付する件数、寄付金額が大きいほど得することになります。

2000円でこれらすべての品物がもらえるということです。

だいたいイメージできましたでしょうか?

寄付できる金額は収入や家族構成などで違ってきます

そこで今度は自分はいったいいくらまで寄付できるかということが気になりますね。住民税は12月31日までに稼いだ金額を元に計算され、次の年の6月頃に請求がきます。その金額内におさめないと、本当に寄付になってしまいますので上限金額が最も神経を使うところです

これは会社員の方なら簡単に計算できます。前回会社からもらった源泉徴収票、なくしてませんよね?

大きく収入に変化がなければ、それを元に計算すると話が早いですが、もしない場合は推定でやることになります。

自営業の方なら収入が年によって上下すると思いますので、その年の最後まで正確にはわからないと思います。私の家もそうです。

計算方法については、ふるさと納税 限度額計算シミュレーションで説明していますので、ここではおおまかに仕組みを理解していただけたらそれで構いません

ふるさと納税のやり方

ここでは、大まかに流れを説明しますね!

まず、自分の寄付できる限度額を知らなければなりません。
ふるさと納税 限度額計算シミュレーションで計算方法をご紹介してますのでご覧ください

次に確定申告をしていない方であれば、ワンストップ特例制度について知らなくてはいけません。

確定申告している人ならこの制度は知らなくても大丈夫です。

ここまでわかれば、次はふるさとチョイスさとふるに登録して、お好きな返礼品がもらえる自治体をさがして寄付をします。

その後、ワンストップを使う方なら送られてくる書類に記入して送り返せば完了です。

一度やってしまえばあとは同じことの繰り返しですから

面倒なのは最初だけ!すごくお得な制度なので、是非やってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です