ヤフオク、メルカリを使った儲け方

オークション

錬金レベル3

ここでは、ヤフオクやメルカリを使った錬金方法をご紹介しますね!

ネットが最安値ではない

まず知っていてほしいのが、ネットで売ってる商品が一番安いわけではないということです。ワゴンセールの商品や在庫入れ替えの際に処分品になっている商品なんかはネットで買える値段よりはるかに安くなっている場合があります。これを購入してネットで売れば利益が得られるという、流れとしては簡単な作業です。

いわゆる「せどり」というのですが、これを職業にしている人がいるほどなんですね。

せどりは仕入れることさえできれば、あとは売るだけですので簡単なのですが、その仕入れが難しいんですよね。

プロの方はお店を何軒も回って安い商品を見つけてきては仕入れして、アマゾンで売ったりヤフオク、メルカリで売ったりしています。

そんなプロの方が物色した後をウロウロして安い商品を探したところで、私たち素人にはお得な商品などなかなか見つけられません。

また、最近は手間がかからないアマゾンFBAというのを使って、在庫をアマゾンに送るだけで、売れてから発送までをアマゾンに自動でやってもらうという人が多いように思います。

しかし、これは月々料金が発生しますし、節約や小遣い稼ぎでやるにはちょっと敷居が高いと思います。私自身、FBAは使っておりません。そんなにたくさん商品を仕入れられませんからね。

どんな商品が狙いめか

私は仕入れを行う時に鉄則にしていることがあります。それは自分で使うものを仕入れるということです。

どんなに安くても必要じゃないものを仕入れてしまうと、売れない限りはゴミになってしまいます。

しかし、自分で使うものであれば売れなくても、ただ単に安くいっぱい買えたということになり、どちらにしても得しますよね!

損してしまっては元も子もないので、売れ残ったとしても自分で使う商品を仕入れることをおすすめします

それに、自分で普段使っている商品ですと、大体の値段を把握してますから安いと「おっ!」と目にとまりやすいですしね。

安いかどうかの判断

問題は安いかどうかをどのようにして知るかということですよね。

これはいろいろとアプリがあるんです。私が使ってるのはセドロイドというアプリです。アンドロイドの人はセドロイドという名前で、アイフォン使ってらっしゃる方はセドリストという名前で、同じアプリでも名前が少し違います。

他にもいろいろありますから、せどり アプリで検索してください。使いやすそうなのを使ってもらえればどれ使っても構わないと思います。私はセドロイドしか使ったことがないので、ここではセドロイドを元に説明させていただきますね。

セドロイドの具体的な見方は別のページでご紹介しようと思いますので、ここではおおまかな流れをつかんでいただけたらと思います。

これにバーコードの番号を読ませて商品のアマゾンでの価格を調べます。商品名などを入力しても出てきます。同時にランキングなども見て、この商品がよく売れる商品なのかどうかも見ておきます。自分だけしか使わないような商品だと売れませんからね!

アマゾンの価格が基準

今や、商品が高いか安いかの判断は、アマゾンの価格が基準になっていると言っても過言ではありません。アマゾンより安ければお買い得、アマゾンより高ければアマゾンで買った方がマシですもんね。

セドロイドでアマゾンでの最安値を調べてみたら、すぐにその商品が安いか高いかが分かります。仕入れて売ったりしなくても、このアプリを入れておくだけで、大幅値下げとか書いてあるけど本当に安いの?ということがすぐに分かりますから、賢く買い物できますよ

ただ、売る場合は、安いだけではダメです。かなり安い必要があります

私の経験からザックリ言わせていただくと、アマゾンでの売値の半額ぐらいで仕入れる必要がありますね。

何故かと言いますと商品を買って、ヤフオクやメルカリで売るとしますと手数料が10%かかります。さらに送料もかかります。

500円で買った品物を送料込み1000円で売ったとしますと手数料100円とられて、送料で200円かかったとしたら残り200円です。この場合でも200円しか儲かりません。

このようにザっと計算してみますと半額くらいが分岐点かなーっと思うわけです。

しかし、そんな商品ゴロゴロとあると思いますか?ゴロゴロはないです(笑)でも、注意してみてると時々あるんですよ!

見切り品処分品在庫入れ替えなどと書かれたワゴンがあれば素通りせずにチェックします。その中で、例えば半額以下になった電池が入ってたりします。これを抜け目なく仕入れるのがコツです。わざわざ仕入れに出かけなくても見かけた時だけでもチェックしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です