防水を復活させて節約 NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN ゴアテックス編

ゴアテックス

さて、高級素材ゴアテックスの防水復活にチャレンジしてみます!今回は防水がダメになったという古いダイワの釣り用防水防寒着をもらってきたので防水を復活させてみたいと思います。

防水服 背中側

最初からなかなかいい状態です

まず、ビフォーですね。もらったばかりで何も処理していない状態で水をかけてみました
背中側は結構水弾きます。

続いて前側に水をかけてみました

防水服 前側胸ポケットのあたりと、その間の部分は水を弾いていませんね。

ちょっと近づいて写真を撮ってみました

防水服 アップ

左右のファスナーの間が濡れています

普通にびしょ濡れみたいな感じになってます。

しかし、ゴアテックスという素材は表面の撥水がなくなったとしても傷などなければ水は通しません。ただこの状態だと内側の水蒸気が外に出ていけないので、内側に結露してしまうことになります。そこでNIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-INの登場です。

やり方はまず

①専用洗剤で汚れを落とす

②NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-INに浸す

という順序になります。細かいやり方は別の防水防寒着で詳しく解説した記事「防水を復活させて節約 NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN」がありますのでそちらをご覧くださいね。このゴアテックスも同じやり方でやりました。

さて、その結果ですが、写真でお見せした方が分かりやすいと思います。

 

防水処理 一回目の結果んん?この写真ではよく分からなかったので近づいて撮ってみました

防水処理1回目 アップ全然水を弾いていません!失敗か失敗ですよねこれは。

この場合はもう一回②の工程を繰り返します。

再びNIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-INに浸しました。ちなみに今回もスプレーは使っていません。

さあ、どうでしょう?

防水加工完了今回は水を弾いてますね!

近づいてもう一度撮ってみます

撥水防水加工完了撥水効果を取り戻しました!

今回は一回のNIKWAXでは不十分でしたので2回繰り返しましたら、見事に復活してくれました!今回はスプレーは併用しておりませんが、乾く前にスプレーしておけば1回で大丈夫だったかもわかりません。

また、低温アイロンをタオル上からあてると、繊維が整って撥水効果がパワーアップするそうです。私は高温のアイロンしか持ってませんので試したことはありません。もし低温であてられるアイロンが手に入れば試して結果報告しますね。すでにお持ちの方は試してみてください!

このようにNIKWAXを使えば、今まで撥水防水がなくなってダメになってしまったと思っているものでも見事に復活できる場合が多々あります。特にゴアテックスの服は高いので、買い替える前に是非一度試してみていただければと思います。

★エントリーでポイント5倍!NIKWAX(ニクワックス) TXダイレクトWASH-IN1L EBE253ワックス クリーム レザーケア用品 撥水剤 撥水剤 アウトドアギア

価格:2,900円
(2018/1/28 18:14時点)
感想(44件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です