半額以下の食品を極める

錬金レベル2

やることは簡単なのですが、レベルは2としました。
なぜなら賞味期限切れの食材にチャレンジするからです。

こればっかりは自己責任ですし、ボーダーラインを判別できるようになるには、その向こう側を経験することも必要になります。

糸を引くチャーハンやほんのり酸っぱい豆腐など。様々なものを経験して私たちは強くなっていくのです。

私もパパも何度か強烈な食中毒を経験しています。5分置きに耐えがたい腹痛が襲って来て夜は眠るどころじゃないし、仕事も家事もままならず、点滴を受けました。

我が家では賞味期限など参考にしかしておりません。自分の目と鼻と舌と経験で危険を察知するようにしております。

また、知識として知っていてほしいのが、食中毒を起こすものの中には加熱してもダメなものがあるということです。黄色ブドウ球菌は、菌そのものではなく、作り出す毒素によって当たります。この毒素は加熱しても消えないんです。

他にも知っておいてほしいことがあります。

それは食中毒起こした食べ物は美味しい場合があるということと、食べてから発症するまでに何日もかかるものがあるということです。

パパが一度当たったカンピロバクターというのがそれでした。

これはチャレンジした結果ではなく、旅館で出た鳥のお刺身でした。とっても美味しかったそうで、となりの人が残した分までもらって食べたくらいだそうです。

1週間後、腹痛と下痢で苦しむパパの元に保健所から電話があったそうです。「体調はどうですか?下痢してませんか?」と。

なぜ知っている?と不思議に思ったら、他に入院した人が何人もいるとのことで宿泊者名簿から電話をしてきてくれたんだそうです。1週間も前のことなので、食中毒って何が原因か分かりませんよね。

よく、昼に食べた刺し身に当たったとか、夕べの古い肉でとか言いますけど、実際はもっと前に食べたものが原因であることは結構多いと思います。
ちなみにその時パパは足を骨折してたんですが、その痛みよりもお腹の方がキツかったと言ってます。怖いですよね!

さて、具体例ですが。特に私たちが安心して食べてる賞味期限切れの食品をご紹介したいと思います。
冷凍できる食材は省きます。

納豆

納豆は余裕ですよね。賞味期限が当日や明日までになりますと安くなってます。これを買ってしばらく食べます。2,3週間過ぎても少し干からびた感じは出てきますが美味しく食べられます。

たらこ&明太子

半額たらこ

長い時間をかけて少しずつ食べていきます。なかなか腐りません

これも期限が近づくと半額などになります。まともに買うと高いですよねー!生っぽいのでちょっと怖い気はするのですが意外と当たりません。半月くらい過ぎても美味しいです。1か月過ぎてしまったら焼いて食べてます。

ハム&ウインナー&ベーコン

いつになったら腐るんだという食材です。逆に怖いです。だんだん色が黒く変色して硬くなりますが当たったことはないです。

玉子

これも腐りませんね。小学校のころ硫黄の臭いのことを「玉子の腐った臭い」と教わりましたが、いまだにイメージできません。
あまりにも古いと黄味が割れやすくなったりしますが食べて当たることはないと思ってます。

チーズ&バター

物のよったらカビ生えます。特にお酒のアテにするような高いチーズは日持ちしません。すぐ食べた方がいいです。ですが6Pチーズのようなチーズはいつまでも元気です♪

ドレッシング

いつの間にか賞味期限切れを迎えるドレッシング。そんなもの気にしたこともありません。何年も過ぎてても使ってます。

いかがですか?捨てるのはちょっと待って食べれるものは食べることが節約になります。
なるべくボーダーラインのその向こう側に足を踏み入れたくはないですけどね!

思いついたらどんどん追記していきますのでよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です