私の言葉による株式用語解説

現物 現物とは現金で売買する株のことです。50万の現金なら50万円分の株が買えます。ただ、デイトレードで使うには手数料が高いのと、空売りが出来ないという欠点があります。また、株主優待を取るには現物で株を持つ必要があります。

信用取引  株の信用取引とは、入れたお金の3倍まで売買できる取引方法です。50万の現金を入れると150万円分の株を買ったり売ったりできます。手数料が安いのでデイトレードには必須です。また空売りができるのも信用取引だけです。株主優待のクロスというやり方をするときにも必要になりますので、信用取引は絶対に必要です。

5日信用取引  5日間限定で株を貸してくれる信用取引。株主優待クロスではこれを使います。金利が少し高い代わりに高額の逆日歩がつくことがありませんので安心して空売りできます。在庫に限りがありますので優待時期にはなくなることが多いのが欠点。

利食い みんな大好き!利益を確定させる注文のことです。

損切り(ロスカット) 皆さん嫌いな損を確定させる行為です。ただし、これが上手く生き延びるカギになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です