弁当で節約

錬金レベル1

節約効果 年間90000円

お弁当は水筒と合わせて節約の代表的なものだと思いますのですでに実行している人はたくさんいると思います。
外で食べるとなりますと、500円で食べれるものも限られてますし吉野家の牛丼ですら380円します。

お弁当なら200円程度でかなり充実したものを作れます!
仮に500円の昼食を外で食べている人なら300円×300日で年間90000円の節約になります!
実際にはもう少し高いものがほとんどですし、節約額はもっと多いかもしれません!

ただ、作るのが面倒だという人多いですよね。朝は忙しいし、帰ったらしんどいから作るのはついついヤメにしようという流れ、皆さんも経験あるはずです!前日の残り物にしたって、毎日そう都合よく弁当に入れられるようなおかずではないですし、残らないことも多々あります。

弁当用にハンバーグやら肉団子やら大量に作って一つずつ冷凍するというのも一つの手ですね。
ウチもよくやります。焼き魚やハンバーグなどは一緒に焼いてしまえば手間は同じなので、食卓に出す時に
お弁当用の物も一緒に作ってしまいます。

もし、職場に電子レンジがあるなら、カレーやハヤシライスや中華丼系のものも小分けにして冷凍しておくと、ごはん別で持っていけば美味しく食べられます。(パパが取った写真なのでおいしそうには見えませんけど)

お弁当お弁当

弁当って、おかずが似たような物が多くて飽きてくる時期があるんですが、時々こういったカレーとかで目先を変えてやると、喜んで食べてくれますよ。ただ、カレーはふつうのタッパーなどだと漏れてエライことになります。ジップロックのこういったネジ込みタイプの物を利用するといいですよ。冷凍庫から取り出してそのまま持たせて大丈夫です。スプーン入れるのを忘れずに!

さて、これだけでもなかなか毎日のおかずとなると品数作るのが面倒なので冷食の助けを借りることになります。
もちろん、私も時々使うのですが、相当安い時だけです。冷食の弱点は量の割に値段が高いことなんですね
せっかくお弁当わざわざ作って食費を抑えてるのに、高いお金を払って冷食買うなんて本末転倒!愚の骨頂です

そこで、自分で作ります!

半額の総菜を買いこむ!

といっても一から作るのではなくて、スーパーの総菜を使います。は?そっちの方が高いと思われた方、主婦ですね!正解です。そのままではもちろん買いません。
スーパーの総菜も、普通に買うと高いので半額以下になったものを買います

半額総菜
これを小分けにして冷凍しましたら、冷食より安くいつでも使えるおかずを確保できます!

冷凍保存

結構なんでも冷凍して大丈夫です!参考にするならば、冷凍食品売り場を見てみてください。そこにあるものならすべて大丈夫です。
例を挙げますと、コロッケ、から揚げ、とんかつ、焼き鳥、ヒジキ、おから、ならあえ、切り干し大根、白和えも豆腐ですけど問題ないです。ただ、こんにゃく入ってる場合はこんにゃくだけ固くなりますが、それでも余裕で食べれます。問題なしです!
ヒジキみたいなおかずを小分けにする際には8号のアルミカップに入れて、ラップでクルクル巻いとけば大丈夫です。ダイソーの製氷器使ってもいいですね!
蓋つきなのでさらに手間が省けます。

ダイソー アイストレイ

寝る前に詰めて冷蔵庫に入れておくだけでOK!

さて、使用する際ですが、これを出して前の日の夜に詰めるだけで弁当作りは終了します!
解凍なんかしなくて大丈夫です!ウインナーと玉子焼きも入れたいなら一緒に入れて大丈夫です。
そのまま冷蔵庫に入れて保存しておいて朝取り出して、ごはんを用意して持っていくだけです。

ごはんについて

ごはんも冷凍してます。炊けたらすぐにラップでくるんで保存しておくと解凍後も美味しいご飯が食べれますし、保温の電気代も節約できますよ!その際ですが、最初からこのように弁当の形にしておくと便利です。

ラッピングごはんラッピングラッピング完了ごはん 冷凍保存

注意点ですが、ごはんは必ず解凍してください!

凍ったまま持っていくと非常に不味いです。
電子レンジに入れてホカホカになる手前くらいで止めておくとよいです。この量ですと2分30秒くらいがベストです。芯が冷たいくらいなら大丈夫ですから!

いかがでしょうか?お弁当の弱点の一つが面倒であるということですが
これならかなり楽に作ることができます
是非、実践していただいて年間10万!ゲットしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です