デイトレードについて

チャート

レベル5

デイトレードは最難関の錬金術です。

これは私も試行錯誤をかなり繰り返しました。やり方は人それぞれなので、こうすればいいとは言えないです。
ただ、負け額を限定出来なければ、恐ろしく負けるリスクがあります。
毎日コツコツ数千円勝ったとしても、ものの数分で何万、何十万とやられることがありました。

節約して捻出したお金でチャレンジしてみましたが、どうしても勝てない。
10連勝したところで、たった一回の判断ミスで全ての利益を吐き出してしまう。
どんなにルールを作って壁に貼り付けていても、含み損が恐ろしい速度で増えていくのを見ると損切りをためらってしまう。

7年間。

諦めたり、再びチャレンジしたりし続けましたが、トータルでマイナスでした。

大きな転機になったのは、信用取引の余力が回復するようになった頃です。
以前は信用取引は一度行うと、同じ日に再び売買することはできなかったんです。
それが、何回でも売買できるようになりました。
さらに、手数料がとんでもないくらい安くなりました。

それによって、100株単位の1円抜きのような取引でも利益が出せるようになりましたし
同値降りといいますが、買った値段と同じ値段で売っても手数料がいらないのでほとんど損しなくなりました。

あまり大きな損失を出すことはなくなったのですが、それでもコツコツ増やしては一発で大きく負け、いわゆるコツコツドカンを繰り返し、年単位で見ると負けてしまってました。

そこで考えました。物理的に大負けしないようにすればいい。
信用取引は最低30万円のお金がないとできません。そこで口座のお金を30万5000円にしました。
増えたら出金して、常にこの金額になるようにします。
これだと大負けしようがありません。

今ではそこまでシビアに出金していませんが、当初はこれがよく効きました。
5000円以上損失出したらその日はもう取引できません。(入金すればできますが、それはルール違反としました)

ネット見てたら株で1億だの仮想通貨で毎日が給料日だのと見ると思いますが、あんな取引が出来るのは
ごく一部の人達だけです。それだけのリスクも背負って勝負に勝った人達なのです。

私ども凡人はリスクなんか背負えません。お金増やしたくていろいろやってるのに
減らしたら何やってるかわかりませんよね!
弁当作って水筒にお茶入れて数百円節約した日に30000円負けたら胃が痛くなります(笑)

とにかく大勝なんかしなくていいので、とにかく大負けだけはしないように!
心がけるだけじゃダメです。
大負けしないシステム作りが何よりも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です